HOME> 利用規約

利用規約

利用規約第1条(総則)

本規約は株式会社ベイソル(以下「当社」という)が提供するサービス(以下「サービス」という)を、 会員(以下「会員」という)が利用することについての一切について適用します。

第2条(会員および登録)

本規約でいう会員とは、本規約を承認し、かつ当社が承認または提供するサービスを利用する個人をいいます。
会員は当社の指定する方式で会員登録をするものとし、その時点で本規約の内容を承諾しているものとします。

第3条(本規約の範囲)

本規約は当サービスの利用に関し、当社および会員を含む本サービス利用者全てに適用されるものとします。

第4条(本規約の変更)

当社は会員の承諾なしに、本規約を変更することができるものとします。
変更後の利用規約については、当社が、オンライン上に表示した時点より、効力を生じるものとします。

第5条(入会の不承認)

当社は、審査の結果、入会申込者が以下のいずれかに該当することがわかった場合、 その者の入会を承認しないことがあります。
入会申込者が実在しない場合。
入会申込をした時点で、当社が提供するサービスについて 利用規約の違反等により会員資格の停止処分中であり、 または過去に利用規約の違反等で除名>処分を受けたことがある場合。
入会申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、または記入漏れがあった場合。
当社の業務の遂行上または技術上支障がある場合。

第6条(パスワード管理と責任)

会員は会員IDおよびパスワードの機密を保持する義務があります。
会員は、自己の個人認証情報および個人認証を条件とするサービスを利用する権利を、 他者に使用させず、他者と共有あるいは他者に許諾しないものとします。
会員の個人認証がなされたサービスの利用やそれに伴う一切の行為は、 本項に反してなされた他者によるサービスの利用やそれに伴う一切の行為も含め、 当該利用や行為が会員自身の行為であるか否かを問わず、会員による利用および行為とみなします。
会員は、自己のID、パスワードを含む個人認証情報の管理について一切の責任をもつものとします。

第7条(会員のプライバシー)

会員の個人情報とは、会員の登録情報、 または会員のサービスの利用に関する情報・デ−タであって、 会員個人を識別することのできる情報を言います。
当社は、次の場合を除いて、第三者に会員の個人情報を開示しません。

・本人の承諾のある場合。
・会員の登録コンテンツに対する相当な理由に基づく申し入れがあり、開示が必要と当社が判断した場合。
・お客様の生命、身体または財産の保護のために緊急に必要がある場合。

当社は次の場合に会員個人を識別できない状態で第三者に情報を開示する場合があります。

・統計的分析結果などの個人を特定しない形での情報開示の場合。
・広告主にターゲットをしぼった、より効果的な広告手段を提供する場合。
・サービスの利用詳細に関する分析を行う場合。
・パートナーや広告主となりうる第三者にサービスを説明する場合やその他合法的な目的の場合。
 当社はサービス向上の目的のために信頼ある第三者企業に会員の個人情報等を
 引き継ぐことができます。

第8条(データの管理)

会員はサービスを利用して作成・保存したデータ・ファイルなどについて、自己の責任において保存するものとします。
会員はデータ・ファイルの保存、整合性が確実でないことを承諾するものとします。
当社は何らかの原因でデータが消失または改ざんされた場合の損害、責任について一切責任を追わないものとします。

第9条(禁止事項)

会員によるサービスの利用に際し、次の各号に該当する行為を禁止します。

・他の会員、第三者の知的財産権(著作権、意匠権、特許権、実用新案権、商標権、工業所有権等)
 及びその他の権利を侵害する行為、また侵害するおそれのある行為。
・真偽を問わず、他の会員、第三者を誹謗中傷する行為。
・個人情報(メールアドレス、住所、電話番号、その他プライベート情報)を、当社および当該個人の
 事前の承諾なく、他の会員や第三者に送付、伝達、>開示、複写、書き込みしたりする行為。
・他の会員・第三者の著作物を当社の事前の承諾なく、他の会員や第三者に送付、開示、複写、
 書き込みしたりする行為。
・ウィルス、ハッキングなどにより当社の運営を妨害または破壊する行為。
・IPアドレス、アカウント、パスワード、Eメールアドレス、及びドメイン名を不正に使用する行為。
・おどし、わいせつ、名誉毀損、差別行為。政治活動・宗教活動、またはそれらにつながる行為。
・当社の許諾なく当社の名称を使用する行為。
・サービスないし当社の運営を妨げる行為、当社の信頼を毀損する行為、または、その恐れのある行為。
・公序良俗に反する行為、犯罪行為またはそれらと密接に関連する行為。
・法律、法令違反またはそれらに密接に関連する行為。
・猥褻な映像・音声・文字等の情報を提供する行為。
・当社が不適切と判断した広告バナー、広告テキストまたは広告ハイパーリンクの表示、または広告の
 表示のみを目的としてサービスを使用する行為。
・その他サービスの目的に反する行為。

第10条(禁止行為に対する措置)

故意過失を問わず、会員が当社が提供するサービスの利用において前条各号の行為を行ったと当社が判断した場合、 当社は、事前に通告することなく、次の措置のいずれか、 または、複合させた措置を取ることができます。

・一時的なサービスの利用停止。
・会員登録の抹消(完全退会)。
・電子メールでの注意・勧告。

第11条(サービスの提供)

当社は、本規約のほか別途定める個別のサービス規定等に基づき、会員にサービスを提供します。
当社は、会員の承諾なく、提供サ−ビスの内容を変更する(改廃を含む)ことができます。
また、会員は、ウェブや、メールなど、すべてのコンテンツへの広告掲載・バナー表示が行われることを承諾します。

第12条(サービスの中断・停止・廃止)

当社は、以下の各号に該当する場合は、事前に通知することなく、一時的にサービスを中断もしくは停止・廃止することができます。
システムの保守・工事を行う場合。
天変地変、火災、戦争、暴動、騒動、労働協議等これに準ずる事態の発生した場合。
システムのトラブル等による場合。
当社ないしサービスを構成する関連機関が利用する電力の提供が中断された場合。
サービスを構成するインターネットサーバーが接続する上流ネットワークのルーティングトラブル等、インターネット回線に障害が起きた場合。
その他、上記に準ずる運用上ないし技術上の理由のある場合。

第13条(著作権等)

会員は、当社または広告主によってサービスに提供される
テキスト、ソフトウェア、音楽、音声、写真、グラフィックス、ビデオ、ページレイアウト、デザインやその他のマテリアルを 含む一切のコンテンツは、それぞれの著作権、商標権、サービスマークに関する権利、特許権、 またはその他の所有権および法律によって保護されていることを確認します。 サービス上で会員が作成したコンテンツの著作権、商標権、サービスマークに関する権利、特許権、 またはその他の所有権は会員に帰属します。
ただし、当社はサービスの宣伝または広告、利用促進等を目的として、会員の承諾を得ることなく、 会員著作物の情報を自由に利用することができるものとします。

第14条(免責)

当社は、サービスの全ての閲覧者に対し、各会員がサービスに利用において掲載するすべての情報について、 その正確性、有用性、最新性、適切性などその内容について何ら法的保証をするものではありません。
当社は、会員に対し、サービスの利用に起因又は関連して会員が被った損害について、 何ら責任を負わないものとします。
会員がサービスを利用して掲載したすべての情報について、当社が不適切と判断した場合には、 当社は、当該会員に対して理由を開示することなく、当社の裁量にて、当該情報の削除を行うことがあります。
ただし、当社は、本項の規定をもって、 サービスに会員が掲載する情報の監視及び検査を行うことを何ら保証するものではありません。
当社は、会員によるサービスの利用に起因又は関連して会員が他の会員又は第三者に及ぼした損害、 および第三者によるサービスの閲覧に起因又は関連して第三者が会員に及ぼした損害(悪意を持った第三者が何らかの方法で個人情報を収集し、そのことによって、会員が損害を被った場合を含む)について、 一切責任を負わないものとします。
当社は、会員に対し、サービスの品質又は性能については如何なる保証も行いません。
また、当社は、会員に対し、サービスの一時停止、中止、欠陥及びそれらに起因又は関連して発生したすべての損失や 損害(入力したデータが何らかの原因で消失した場合を含む)については、一切責任を負いません。

第15条(紛争の解決)

本規約に定めのない事項または本規約の解釈に疑義がある場合、 もしくは会員と当社の間に紛争が生じた場合、 信義に則り誠実にこれを解決するものとします。

システムの保守・工事を行う場合。本規約の準拠法は、日本国法とします。
会員と当社の間で訴訟の必要が生じた場合、神奈川地方裁判所を第一審の管轄裁判所とします。
会員が当社に対し損害賠償請求権等の何らかの請求権を有する場合、会員は、 その権利につき、その発生原因が生じた日から1年以内に権利行使をしなければ、当該権利は失効するものとします。